butterflyer’s blog

30歳エンジニアの蝶々日記。

チョウの翅を開いた写真の撮り方

f:id:butterflyer:20201013202345j:plain チョウの写真を撮っていると、やはり翅を開く瞬間を撮りたくなってきます( ´∀` )

バタフライヤー流ではありますが、ちょっとだけコツ?を紹介したいと思います。

吸蜜の瞬間を狙う!

最もメジャーな方法はやはり、チョウが花で吸蜜する瞬間です。

f:id:butterflyer:20201012232354j:plain

花を訪れたあと数秒くらい待っていると

f:id:butterflyer:20201012231205j:plain翅を開きます( ´∀` )

開くまでの間はじっとしているか、気配を消して近づくこともポイントです。

チョウはちょっとした音や動きに敏感に反応するので焦らずに!

特に1~1.5m以内に入りると、すぐに気づかれ飛び去ってしまいます。

f:id:butterflyer:20201012233125j:plain

コヒョウモンモドキは5分くらいじっとしていると、

f:id:butterflyer:20201012233127j:plain花をくるくる回ってようやく開きました( ´∀` )

 

身近にいるツバメシジミですが、意外とすばしっこい!

f:id:butterflyer:20201012233534j:plainものすごーくそーっとそーっと近づき、ツバメシジミの警戒がとけるまでまち、

f:id:butterflyer:20201012233756j:plainようやく開きました( ´∀` )

追いかけるよりも案外じっとしている方がチョウも落ち着き、開翅してくれます。

日光浴の瞬間を狙う!

すべての種類ではありませんが、チョウは体温を上げるために、日差しが出たときに翅を広げて日光浴を行います。

朝方のゴマシジミは石のようにじっとしています。

f:id:butterflyer:20201012234636j:plain

9時くらいから気温が上がると徐々に開きそうなモーション。

f:id:butterflyer:20201012234727j:plain

9時半ごろに完全に開きます!

f:id:butterflyer:20201012234815j:plain

ギフチョウなんかも9時ごろに日光浴で翅を開きます。

f:id:butterflyer:20201013000008j:plain

秋のチョウではムラサキシジミやムラサキツバメなんかも日光浴で代表的。

f:id:butterflyer:20201013001142j:plain

 

ちなみに気温が上がりすぎると、チョウたちは自然に体温が上がるせいか、日光浴をしなくなります。

また種類によっては飛び回ってとまらなくなるチョウもおります。

 

なので日光浴を狙うのであれば

晴れもしくは晴れ時々曇りの日の

気温の低い午前中(8時から10時)

がおすすめ

です。

 

占有行動を狙う!

ちょっとだけ専門的な話になりますが、チョウによって縄張り(=テリトリー)をはる行動をとります。

特にミドリシジミ系は顕著に占有行動をします。

こちらはアイノミドリシジミ

f:id:butterflyer:20201013001637j:plainここが俺の縄張りだぞっ!!と主張します。

この瞬間もシャッターチャンス!!

豆知識ですがアイノミドリシジミは8時から9時ごろが、占有行動のゴールデンタイム。

 

こちらはハヤシミドリシジミの占有行動。

f:id:butterflyer:20201013002233j:plain

ハヤシミドリシジミは、夕方が占有行動時間。

ちなみに占有行動をするチョウに一度逃げられても実は数分して同じ場所に戻ってきたりします。

あきらめずに待つのもポイントです。

飛んでいる瞬間を狙う!

最後は上級者テクニック!一眼レフカメラが必須となりますΣ(・□・)

実はチョウには、翅を開いてくれない種が結構います!

身近にいるモンキチョウなんて、花にとまっても一切翅は開いてくれません。

f:id:butterflyer:20201013003138j:plain

日光浴も占有行動もしないとなると、最後は飛ぶ瞬間。

f:id:butterflyer:20201013003312j:plain

ただしこれには、ある程度明るい状態(晴れの日)で、カメラのシャッターを早くきる必要があります。

僕の場合は

シャッター速度1/1000~1/2000 秒( 絞りF8.0、ISO感度800)

としております。

 

ヒメシロチョウはとまってしまうと途端に翅を閉じます。

f:id:butterflyer:20201013003817j:plain

そこで、飛び立つ瞬間に備え、シャッター速度を1/1000に設定し、

f:id:butterflyer:20201013003835j:plain少しぶれはありますが、なんとか撮れました。

ちなみに飛んでいる瞬間は躍動感があり、写真の幅が広がります( ´∀` )f:id:butterflyer:20201013004426j:plainf:id:butterflyer:20201013004303j:plain

さてさて、おおよそ翅を開く写真の撮り方は紹介できたかと思います。

 

まとめると吸蜜、日光浴、占有行動、飛翔のときが翅を開く瞬間となります。

 

皆様もぜひ、試してみてくれると、うれしく思います( ´∀` )

ではでは。

今年の色々なチョウたちー前編ー


11月の撮影にむけ、しばし休息中のバタフライヤーであります( ´∀` )

今日は今年の写真を懐かしみながら、並べてみました( ´∀` )

早春といえば

f:id:butterflyer:20201008210324j:plain

f:id:butterflyer:20201008210404j:plain

 

春に入ると

f:id:butterflyer:20201008211447j:plainf:id:butterflyer:20201008211406j:plainf:id:butterflyer:20201008211437j:plain

f:id:butterflyer:20201008211624j:plain

f:id:butterflyer:20201008211716j:plain

f:id:butterflyer:20201008211727j:plain

f:id:butterflyer:20201008211914j:plainf:id:butterflyer:20201008212359j:plain

f:id:butterflyer:20201008212026j:plain

f:id:butterflyer:20201008212130j:plain

春が終わり夏へ

 

f:id:butterflyer:20201008212220j:plain

f:id:butterflyer:20201008212232j:plain

f:id:butterflyer:20201008212442j:plain

f:id:butterflyer:20201008212502j:plain

f:id:butterflyer:20201008212506j:plain

f:id:butterflyer:20201008212558j:plain

f:id:butterflyer:20201008212627j:plain

f:id:butterflyer:20201008212653j:plain

f:id:butterflyer:20201008212659j:plain

f:id:butterflyer:20201008212726j:plain

f:id:butterflyer:20201008212737j:plain f:id:butterflyer:20201008213011j:plain

f:id:butterflyer:20201008212828j:plain

と夏本番に入るのは、次回に( ´∀` )

ではでは!

 

ツシマウラボシシジミ:2020年9月26日足立区生物園にて

2020年9月26日、この日は珍しく都内にある足立区生物園に参りました( ´∀` )

目的はツシマウラボシシジミ

足立区生物園ではツシマウラボシシジミの飼育個体がおりちょうど公開しているとのことで、さっそく大温室へ。

 

20分ほどかかりましたがみつかりました(^-^)

f:id:butterflyer:20200926174958j:plain

f:id:butterflyer:20200926175124j:plainf:id:butterflyer:20200926173453j:plain白い翅に黒の点が大変キュートですね( ´∀` )

写真では大きさが伝わらないので、これでいかがでしょうか? 

f:id:butterflyer:20200926175223j:plain

右側の大きなチョウはリュウキュウアサギマダラで、アゲハチョウと同じくらいの大きさです。いかにツシマウラボシシジミの小さいことか!

f:id:butterflyer:20200926175230j:plain

f:id:butterflyer:20200926180202j:plain

ちなみに表翅はなかなか撮れませんでしたがなんとか様子だけでも!

f:id:butterflyer:20200926180331j:plain

f:id:butterflyer:20200926180355j:plain

f:id:butterflyer:20200926180421j:plain青色にちらっと光っております( ´∀` )

ツシマウラボシシジミの美しさは裏表の両方にあります( ´∀` )

 

 実はツシマウラボシシジミは絶滅の危機に瀕しており、長崎県対馬市でも風前の灯火となっております(´;ω;`)

杉林の放置や食草の鹿による被害によって、生息地は極めて局地的になっているようです。

ここの飼育個体はいつか対馬の大地を飛んで命をつないでほしいと思います。

はて、来年は対馬に行こうかな( ´∀` )

では、また!

ツマグロキチョウ!鬼怒川の秋のチョウ

2020年9月21日、ミヤマシジミ、シルビアシジミを撮影した後、最後はツマグロキチョウという絶滅危惧Ⅱ類の希少種に出会えました( ´∀` )

ツマグロキチョウはこちら!

f:id:butterflyer:20200924194322j:plain

なんとも身近にいるキタキチョウに似ておりますが、黒い長いスジが入り、翅がとがっているのが特徴です( ´∀` )

こちらがキタキチョウ

f:id:butterflyer:20200924195909j:plain

こちらがツマグロキチョウ

f:id:butterflyer:20200924195315j:plain

飛んでいるツマグロキチョウ2枚です( ´∀` )

f:id:butterflyer:20200924200106j:plain

f:id:butterflyer:20200924200109j:plain

 

ではではこの2匹はどちらでしょうか?

f:id:butterflyer:20200924200013j:plain

f:id:butterflyer:20200924200255j:plain

正解は左がキタキチョウ、右がツマグロキチョウ( ´∀` )

珍しく、キタキチョウツマグロキチョウにちょっかいを出しておりました!

 

ツマグロキチョウは昔はそこかしこにいたそうですが、現在はかなり珍しい種類となってしまったようです。。

ここ鬼怒川ではかなり数が多かったので、一安心( ´∀` )

少しキタキチョウより小さめでおとなしいツマグロキチョウ

また、来年会えるといいですな( ´∀` )

 

一か月前に探し始めてようやく収穫があった、9月の連休。クロツバメシジミ、ミヤマシジミ、シルビアシジミツマグロキチョウとどれもとても珍しい秋のチョウを一通り撮影することができました( ´∀` )

 

残る一種の舞台は千葉の南房総

一か月の疲れがとれましたら、再始動したいと思います( ´∀` )

では、また!

 

念願のシルビアシジミ!!2020年9月21日さくら市鬼怒川にて

秋を代表するチョウにはクロツバメシジミ、ミヤマシジミの他にシルビアシジミがいます。

なんともオシャレな名前のチョウですが、シルビアシジミは絶滅危惧Ⅰ類で大変珍しく最も見つけるのが難しい種となりますΣ(・□・)

山梨では見つからなかったですが、栃木県さくら市の鬼怒川では見つかるや否や。

氏家ゆうゆうパーク内はどうもいそうな雰囲気がなかったので、河川敷を歩いてみることに。

f:id:butterflyer:20200922233659j:plain果たして見つかるだろうか.....

f:id:butterflyer:20200922234302j:plain河川敷を歩き、9時ごろになると徐々に晴れ間がみえ、気温も20℃を越えてきました。

f:id:butterflyer:20200922234451j:plain待望の瞬間は意外と早く訪れました。

地面すれすれを飛ぶ、とてもとても小さな見慣れぬチョウ!

f:id:butterflyer:20200922225928j:plain間違えなくシルビアシジミ!!!

f:id:butterflyer:20200922225846j:plain裏翅は地味ですが、表翅は青色に輝く!

f:id:butterflyer:20200922225342j:plain気温が上がり始めると、草地から砂利道に移動するよう。f:id:butterflyer:20200922230024j:plain

ただし、1m以内に近づくとすぐ逃げてしまい、さらにシャッター音にも敏感!

そして小さすぎて、一度逃げられると目で追うのが大変!!f:id:butterflyer:20200922225517j:plainf:id:butterflyer:20200922230054j:plain

なんとか追いかけて、だるまさんが転んだ方式で撮影しました!笑f:id:butterflyer:20200922225202j:plain新鮮な個体もいて、美しい!

f:id:butterflyer:20200922225555j:plain

f:id:butterflyer:20200922225633j:plain

青いのはオスで、メスは少し黒っぽい。

f:id:butterflyer:20200922225715j:plain

f:id:butterflyer:20200922225718j:plain

 9時から12時ごろまでオスとメス合わせて7頭ほどは撮影できたました( ´∀` )

 

ちなみにシルビアシジミは身近にいるヤマトシジミととても似ています!

裏翅の模様を比べるとわずかな違いがあり、見分けることができます。

f:id:butterflyer:20200923232439p:plainまた、シルビアシジミは特定の場所(栃木県鬼怒川や千葉県の鴨川市など)にしかいないこと、ヤマトシジミに比べて数㎜小さく、地面すれすれを飛ぶことから判別できるかと思います( ´∀` )

 

シルビアシジミは探していた秋のチョウで最も苦戦するかと思われましたが、さすがの多産地、意外にもすぐに見つかりました( ´∀` )

クロツバメシジミ、ミヤマシジミに続き、シルビアシジミも撮影成功!

 

さて、鬼怒川編は次回のツマグロキチョウに続きます( ´∀` )

ではまた!

さくら市鬼怒川のミヤマシジミ

2020年9月21日、4連休3日目は栃木県のさくら市にやって参りました!( ´∀` )

栃木県では、特に鬼怒川の河川敷沿いが秋のチョウの多産地ということで、手始めに川沿いの氏家ゆうゆうパークという公園へ行きました。

8時ごろから歩き始め、さっそく姿を現してくれたのがミヤマシジミです!

f:id:butterflyer:20200923191025j:plainf:id:butterflyer:20200923191031j:plain

オレンジ色と黒点の斑紋がなんとも可愛らしいミヤマシジミ( ´∀` )

ミヤマシジミの美しさは裏翅だけにあらず。

f:id:butterflyer:20200923190206j:plain

f:id:butterflyer:20200923191225j:plain表翅は青紫色で、日本のシジミチョウ類でも色が濃く、とても美しい!

f:id:butterflyer:20200923191812j:plain

f:id:butterflyer:20200923191715j:plainメスは茶色( ´∀` )

河川敷を歩いていると、足元で翅を広げて待ち構えております( ´∀` )

f:id:butterflyer:20200923191439j:plainだんだんあざとさを感じてきました笑 

f:id:butterflyer:20200923191626j:plain

f:id:butterflyer:20200923191631j:plain

f:id:butterflyer:20200923191850j:plain

さくら市の河川敷にはたくさんのミヤマシジミおり、大満足( ´∀` )

ミヤマシジミは絶滅危惧Ⅱ類で、最近は激減しているのですが、ここはよく踏ん張っております。

いつもでも元気でいてほしいですな。

 

次回はいよいよシルビアシジミ

ではまた!

山梨県笛吹市金川のクロツバメシジミ:2020年9月19日

2020年9月19日、4連休の初日は山梨県笛吹市金川へ参りました。秋にもみられるクロツバメシジミの撮影が目的です( ´∀` )

絶滅危惧種クロツバメシジミは、生息する場所が局地的で見つけるのがとても難しい!!

 f:id:butterflyer:20200920183947j:plain

果たしてこの広大な河川敷のどこにいるだろうか。いざ、出陣。

f:id:butterflyer:20200920185212j:plain

f:id:butterflyer:20200920185241j:plain5㎞ほど堤防沿いを歩き、雑草が生茂っているため、クロツバメシジミの姿は全くみられず!

このあたりで別のところに行こうかと歩いていたところ、急にツメレンゲが目に入りました!

f:id:butterflyer:20200920185414j:plainこのツメレンゲクロツバメシジミの食草となります。

よく見ると20mほど一帯にたくさんのツメレンゲを確認!

f:id:butterflyer:20200920185630j:plain

このあたりをうろうろしていると、見慣れぬ飛び方の小さいチョウを発見!もしや!

f:id:butterflyer:20200920185804j:plainついに見つけました、初のクロツバメシジミ( ´∀` )

f:id:butterflyer:20200920185921j:plain

f:id:butterflyer:20200920190021j:plain

名前のとおり、翅の中は真っ黒!

f:id:butterflyer:20200920100929j:plain

7,8頭は飛び回っておりました( ´∀` )

途中からツメレンゲにもきてくれました。

f:id:butterflyer:20200920100901j:plain

f:id:butterflyer:20200920190317j:plain

ベリーキュートですね( ´∀` )」

f:id:butterflyer:20200920190323j:plain

f:id:butterflyer:20200920190524j:plain

f:id:butterflyer:20200920190527j:plain

f:id:butterflyer:20200920190608j:plain

f:id:butterflyer:20200920190714j:plain

1時間ほどじっくりと撮りました( ´∀` )

ここの生息地は人通りが全くなく、クロツバメシジミ天国となっておりました( ´∀` )いつまでも元気でいてほしいものですね。

 

次の舞台は栃木県さくら市の鬼怒川。

秋のチョウはまだまだおります( ^ω^ )

では、また!